後悔して泣く前に知っておこうワキガ手術の危険性

後悔して泣く前に知っておこうワキガ手術の危険性

自分から発せられる不快な匂いをなんとかしたい。

 

人と接する時匂いが気になる。汗をかくたびひやひやする。ワキガになると気になる事も増えるでしょう。そこで、なんとか治したいとおもいますよね。その時わきが手術を思いつく事もあるでしょう。でも、ちょっと待ってください。ワキガ手術は成功だけが約束されている訳ではありません。

 

もし、失敗したら悲惨な事が待っています。ですから容易に手術を受けるのは危険です。こんなはずじゃなかった、と後悔する前に手術のデメリットについてしっかり見ておきましょう。

 

ワキガ手術に失敗したらどんな被害があるの?

 

まず、傷跡が残る可能性があります。

 

これは多くの方がどこかで聞いた事があるかもしれません。ワキガ手術はメスを入れるので、どうしても傷跡が残る可能性を秘めています。最近では傷跡が残らない手術も考案されていますが、この方法では汗腺を多く残してしまう可能性があります。

 

つまり汗腺の取り残しが多くなる事があります。知っている人は少ないかもしれませんが、昔ワキガ手術は死亡者が出るほどリスクのある事だったのです。現在では死亡する事はまず心配しなくてもかまいません。ただ、うまくいかなかった場合傷跡が残る。

 

傷が深い場合脇の下が吊ったようになるなどの症状が出る可能性があります。男性以上に特に女性の場合脇の下に傷ができたら気にしますよね。手術後に傷が残るかどうかは医師の腕しだいの部分が大きいですから厄介な所ですね。

 

同じ手術法でも医師しだいでは傷が大きくもなるし、小さくもなります。その点がワキガ手術の怖い点であるといえるでしょう。受けてみてはじめてあの医者は失敗だったと後で後悔して泣く事もありうるのです。また、匂いが消えない。余計に匂いが強くなる場合もあります。

 

アポクリン線を取残し過ぎたため起こります。また、これは特に男性に起こる悲劇ですが、脇毛が生えなくなる可能性もあります。ワキガ手術は汗腺と一緒に毛根も取り除きます。そのため脇毛の量が格段に少なくなるかもしれません。人によってはツルツルになって生えてこなくなる事もあります。

 

女性ならむしろ嬉しい事かもしれませんが多くの男性からしたら脇毛は生えていた方が良いと考えるでしょう。ワキガ手術には実は恐ろしい点もありますので、手術を受けようという人は慎重に検討されてから受けるようにしましょう。

 

ラポマイン