筋トレの落とし穴。回数より負荷が大事です。

筋トレの落とし穴。回数より負荷が大事です。

ダイエットや健康のため、体を大きくしたい人など、筋トレを頑張っている人も多いと思います。

 

しかし筋肉をつけるために頑張っている方法が、実は思わぬ落とし穴になってしまう場合があります。

 

今回は、筋トレで注意するポイントについてまとめたいと思います。

 

回数より負荷が大事

 

筋肉をつけるために一生懸命「回数」をこなしていませんか?
しかし実は、回数をこなしても筋肉は育たないのです。
大事なのは以下に筋肉に「負荷」をかけるかです。

 

10回で限界になるくらいの負荷をかけて、それを3セットに分けるやり方が一番筋肉を育てるためには効率的です。
ただし回数を重視して、負荷を軽くする場合の筋トレは「持久力目的」ならば効果を発揮しますので、無駄ではありません。

 

プロテインを飲むタイミング

 

筋肉のためにプロテインを補給している人も多いと思いますが、飲んでいるタイミングは大丈夫ですか?
栄養補給するタイミングは「筋トレ直後の30分以内」です!
この30分間は「筋肉のゴールデンタイム」と呼ばれています。

 

プロテインを摂取するなら、この30分間を逃さないようにしましょう。

 

また、筋トレを休んでいるときにも忘れずに摂取しないと、せっかく筋肉が育つタイミングでたんぱく質が不足してしまう可能性があります。
お休みの日にも、忘れずにプロテインを摂取してください。

 

筋トレの前にも栄養補給が大事

 

筋トレの後には筋肉が育つための栄養補給が必要ですが、
筋トレの前にも「筋肉を動かすための栄養補給」が必要です。

 

筋トレの1〜2時間前には、しっかり炭水化物を食べておきましょう。

 

どうしても時間が無いときなら30分前にスポーツドリンクなどを飲むだけでも効果が全然違います。

 

寝る前の筋トレはNG

 

睡眠は筋肉を育てるためにも重要です。しかし睡眠の前に筋トレをしてしまうと、体が緊張してしっかり眠れなくなります。
しっかり眠るためにも、睡眠の前はリラックスを心がけましょう。

 

いかがでしたでしょうか。
筋トレの注意点を意識しながら、正しいトレーニングで筋肉をつけましょう!