お風呂の入り方で脇の臭い対策

お風呂の入り方で脇の臭い対策

夏になると気になるのが脇の汗や臭いです。

 

デオドラント剤でケアするのも大切ですが、それ以上に清潔な体を保って臭いを軽減させる工夫をするのがより重要です。

 

暑い夏場はついシャワーだけでお風呂をすませてしまいがちですが、しっかりと湯船に浸かって発汗し、嫌な汗を体から追い出すのがポイントです。

 

また、体が温まると汗腺の働きも高まるので、サラサラとした臭いのない汗をかくことができるようになります。

 

じっくりとぬるめのお湯に浸かることで体の疲労もとれますから、汗と臭い対策だけでなく健康のためにも、夏場も湯船に浸かるようにしましょう。

 

また、体の洗い方にも工夫しましょう。

 

汗やほこり、皮脂などで体がべたついてしまいますから、ついゴシゴシと体をこすって洗うことが増えてしまいます。

 

しかし、体の汚れは優しく洗う程度でもきれいに落ちます。

 

ゴシゴシ洗いは肌を傷つけてしまったり肌の乾燥を招いて、皮脂の過剰分泌を促すことにもなります。

 

特に肌がデリケートな脇は傷つきやすいので、たっぷりと泡立てた石鹸やボディーソープで優しく洗うのが大切です。

 

タオルよりも手に泡を取って、隅々まで丁寧に洗うようにすると効果的です。

 

また、使用する石鹸やボディーソープの洗浄力が強すぎると、皮膚表面の良い働きをしてくれる常在菌まで洗い流してしまいます。

 

良い常在菌がたくさんいると臭いを発する雑菌の繁殖を抑えるのに役立ちますから、汚れや臭いの元となる雑菌のみを落とす適度な洗浄力の石鹸やボディソープを使うのが良いでしょう。

 

そして、シャワーなどで石鹸やボディーソープを洗い流す時には、すすぎ残しのないようにしっかりと洗いましょう。

 

石鹸カスなどが雑菌のえさとなってしまって、体臭の元になります。

 

そしてお風呂上りにはボディローションなどで保湿して、肌を健やかに保つようにしましょう。

 

また、お風呂上りの清潔な肌に制汗力や消臭力の高いデオドラント剤を使用すると、汗や臭い対策にも有効です。